TOKYO BDC

TOKYO BDC 生まれ変わった脱毛エステ「レイビス」

RAYVISへ転生

これまではTOKYO BDCという名前で美容エステを経営していたこのお店ですが、
最近になって「RAYVIS - レイビス -」という名前に変わったそうです。

 

当サイトでは、このレイビスというエステのことについて具体的にまとめていきたいと思います。
果たして王手のミュゼプラチナム・銀座カラー・エピレ・TBCの4強を超えることはできるでしょうか。。。

これが新しいTOKYO BDC

レイビスってどんな意味?

 

RAYVIS という単語は、外国で使われているどこぞの言語なのだろうと思ってしまうかもしれないですが、
これは日本人が作り上げた造語でした。

 

光輝くという意味を持っているRAYと、なめらかという意味のLEVIS。
この2つを英単語をくっつけて「RAYVIS」と読んでいるのです。

 

もう、そのままずばりの意味ですね。女性に美しく輝いていて欲しいという考え方でしょう。

 

RAYVISが目指すべきところと今

 

どこの美容エステにも信念というものは必要だと思いませんか?
もちろんレイビスにもこんな考えがありますよ。

 

顧客満足度を優先させる

 

良いエステというのは、あくまでもお客様がその店を評価して決めることです。
だからこそレイビスは質の良い、結果にこだわったサービスを提供することを決めました。

 

TOKYOBDC創業から25年の実績がありますので、それを思う存分お客様に活かしていきます。
また、脱毛キャンペーンも銀座カラーサロンなどの王手には劣りますが、なかなか安いです。

 

ティービーシー 全身脱毛 評価

 

満足度の次はリピートしてもらうこと

 

たった1回だけ素晴らしい結果を出すことができて、それが永遠に続かないのであれば意味がありません。
だからこそレイビスは、お客様が何度も何度も継続的にエステへ通いたくなるような結果を出し続けます。

 

高いリピート継続率をたたき出すことによって、お客様からの信頼を獲得します。

 

エステティック協会加盟サロン

 

女性に美を与えるこのお仕事ですから、きちんとした認められたエステでなければいけませんよね。

 

巷にゴロゴロ転がっている個人経営のエステでは、納得のいく施術が受けられなくて当然。
設備に対する投資も、人件費も切羽詰っているのですから、お客様に対して失礼のないサービスを提供することはなかなか困難でしょう。

 

しかし、レイビスやエピレは日本エステティック業協会AEAに加入している列記としたエステサロンです。
転職したい!!
正しい知識を身につけたエステティシャンと、最新の技術を駆使して訪れてくれた女性の美を応援します。


ホーム RSS購読 サイトマップ